名青税の組織:Organization

TOP > 名青税の組織

名青税会長 水野 誠 Mizuno Makoto(千種支部)

会長のあいさつ

 会員の皆さま、平成29年5月21日に開催されました名古屋青年税理士連盟(以下、名青税)第52回定時総会にてご承認をいただき、第51代会長を務めさせていただきます、中村支部の太田麻紀です。
昨年度、名青税は創立50周年を迎え、改めてこの歴史ある名青税を振り返ることができた会員の皆さまも多いかと思います。任意団体である名青税が50年もの歴史を積み重ね今存続しているのは、ひとえに諸先輩方の名青税に対する熱い想いがあったからこそではないでしょうか。51年目を迎える今年度も、その「熱い想い」を引き継いで活動していきたいと思うばかりであります。

 そこで、今年度はスローガンとして「Chance, Challenge, Change~あるべき姿を求めて~」を掲げました。この歴史ある名青税が今後10年、20年と続くためにはどう活動していけばよいのか。今年度は、その点において考えるよい機会(Chance)となる年度かと思います。そして活動を通じてその考えを可能な限り実践(Challenge)し、今後名青税が永続するために必要なことは改めて(Change)いかなければならないとの思いから、このスローガンにしました。

 また、名青税構成員である会員の方々についても、同様かと思います。この名青税に入会したことが様々なきっかけ(Chance)を生み出していると思います。また、名青税活動で困難と思えることでも仲間と取り組む(Challenge)ことで道筋ができ、今までの自分が変わる(Change)ことができるのだと思います。それは、直接的ではないにしろ、税理士業務にも影響を及ぼしているのではないでしょうか。

 私は税理士登録と同時期に名青税に入会しました。税理士としてまだ右も左もわからない私が税理士として成長できたのは、この名青税の会員になったからと言っても過言ではありません。仕事上で困った場合に相談できるのも名青税の仲間であり、仲間の意見を聞くことで自説に固執していたと感じたこともありました。多くの若手税理士が名青税活動で「Chance→Challenge→Change」してもらえるよう、この1年間は、名青税そして一税理士としてどうあるべきかを考えることができる1年になればと思っております。

 しかし、あるべき姿が見えてきたとしても、それを反映できる団体でなければなりません。そのためには、やはり会員がいてこそでしょう。平成29年4月1日現在、名青税の総会員数は551名であり、任意団体としての規模は大きいかと思います。しかし、名青税の活動の主体である正会員については、127名と年々減少傾向にあります。まだ未入会の方には、名青税の魅力を知ってもらい、一人でも多くの方が、「熱い想い」を共有できる仲間になっていただけたらと思います。名青税のかけがえのない仲間と共にかけがえのない1年間にしていきたいと思いますので、皆さまよろしくお願い致します。

名青税の組織

名青税では、現在6つの部と2つの委員会に分かれて活動しています。 各組織の名称と活動の概要は以下のとおりです。

総務部

執行部・各部・各委員会及び各支部の活動が円滑に行えるように事務運営を行い、名青税の活動を補佐する。

経理部

経常収支の適正化を図り、会費の早期徴収、納入を通じて名青税活動及び全青税活動の円滑な遂行を補佐する。

研究部

(1)税法に関わる研究活動を通じて、会員個々の資質の向上に努め、業務の発展と税理士の 地位向上に寄与する。
(2)会員が自己又は会員相互の研究を通じて、その資質を向上できるようサポートする。

制度部

税理士制度と税理士業界の周辺諸問題について研究活動を行うことにより、会員の資質向上を図り、税理士の地位向上を目指す。

組織・広報部

(1)会員名簿の作成を通じて組織の現状把握と情報管理に努める。
(2)対内・対外広報活動により組織の活性化を促し、各支部の入会勧奨活動に資する。

厚生部

厚生活動を通じて会員相互の交流、親睦を深め、会員の心身の充実を図る。

この他、その年度ごとの重要事案に応じて委員会が設置されます。

役員一覧

副会長あいさつ

総務担当副会長 会務検討委員長 西支部妹尾明宏

 みなさん、こんにちは!総務担当副会長 兼 名古屋税理士会会務検討委員長を務めさせて頂きます、妹尾明宏(セノオアキヒロ)です。乙女座O型です。
 名青税では研究部・制度部を数年ウロウロとしつつ、前期は50周年記念事業実行委員会の副委員長を仰せつかり、皆さんのご協力の下で50周年記念誌発刊までやっとのことでたどりつきました。50年の重みを感じるとても良い機会を頂きました。次の50年に向けてのスタートとなる今年度、今まで積み上げてきてもらった土台に、しっかりと次なる種を植え、芽を育てるような活動がしたいと考えています。日々勉強。日々精進。元気に楽しくまいりましょう。

▲ 上へ戻る

研究担当副会長北支部宮島富久雄

今年度、研究担当副会長を務めます宮島富久雄です。
今年度の研究部は全青税シンポを担当します。今回の全青税シンポは消費税が研究テーマになっており、研究部でも1年間消費税(特に非課税)について研究していきたいと考えています。みなさんも、あらためて現行消費税の問題点について一緒に考えてみませんか。部会に、シンポにぜひお越しください。
昨年に続き副会長という大役を仰せつかり、正直戸惑いがありますが、他の副会長と力を合わせて会長を支えるとともに、少しでも担当する研究部の活動が活発なものとなるよう、頑張りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

▲ 上へ戻る

制度担当副会長東支部安藤宣貴

 制度担当副会長を務めさせていただくことになりました、東支部の安藤宣貴です。「はたして、私に制度副会長が務まるのでしょうか」と思うことはありますが、受けたからにはやれることをやりたいと思います。また、部長や副部長がとても優秀な方なので不安は払拭されました。
 さて、制度と聞くと何だかとっつきにくいイメージもありますが、税理士業界で仕事をしているのにもかかわらず、税理士法を知らないではまずいのではないでしょうか。そんな状況を少しでも打破し、皆さんに還元できるような活動をしていきたいと思います。青税に入ったからには制度論も学びましょう。みなさん制度部の活動にご協力お願いいたします。

▲ 上へ戻る

組織・広報担当副会長半田支部山本祥嗣

 組織・広報担当副会長2回目の山本祥嗣です。継続は力なり。よろしくお願いします。
 名青税の行事に参加しているみなさん、とりわけ役職を引き受けているみなさんは、負担を負いながらも積極的に取り組み、それぞれが自分なりの“名青税の良さ”を見つけているはずです。この良さをできる限り記録に残し、広く内外に伝えていくこと。「一度参加してみようかな」誰かの中の優先順位をひとつでも上げられたらと思います。
 また税理士登録者も高齢化が進む中、若い世代に名青税を知ってもらうこと。正会員が不足する中でも効果的な、若手税理士にしかできない活動を。このような課題のもと、51年目の名青税を過ごしてみたいと思います。

▲ 上へ戻る

全青税委員長
厚生担当副会長 中支部
野島和浩

 今年度、厚生担当副会長を拝命いたしました、中支部の野島です。厚生部員の経験がないにもかかわらず、副会長の大役を仰せつかることになり身の引き締まる思いです。今年度の厚生部の役員は、私に加え渡邊部長、各務・木野副部長ともに経験があまりございません。
 したがって、基本に立ち返って、重点施策の一番手にあがる、会員相互の親睦をどうやって高められるかを経験豊かな部員の知恵を借りながら、厚生部一丸となって考えに考えて、厚生行事を創りだしていく所存でございます。
 私にできることは、とにかくお願いすることだと考えています。厚生行事は支部の協力なくして成り立ちません。支部長の皆様には、しつこいくらいお願いすることになると思いますが、ご理解ご協力ください。
また今年は、全青税委員長も務めさせていただきます。
全青税(全国青年税理士連盟)とは、全国の約1,700名の青年税理士により構成されている任意団体になります。普段私たちが税理士業務をしているときには、なかなか感じることのできない税理士制度や税制のその歴史的変遷や意義、その問題点などについて全国から意識をもつ会員が集って自己研鑽をするともに意見発信を行っています。その雰囲気を会員の皆様にお伝えするとともに、名青税の会員の意識を全青税に積極的に伝えていきたいと思います。

▲ 上へ戻る

部長・副部長あいさつ

総務部長中支部俵 直人

 このたび総務部長を拝命しました中支部の俵 直人です。
 歴代の総務部長の顔を思い浮かべると、名青税を引っ張ってきた諸先輩方が務めてきた中で自分が務まるのかなとかなり不安ですが、引き受けたからには一年間精一杯やりとげたいなと思っています。
 今年一年、各支部との連絡調整をし、名青税の活動がスムーズに運営できるように裏方として活動していきます。名青税51年目を迎え、これからも名青税を盛り上げていきたいと思っております。まずは今年も自分自身が楽しみながら、頑張っていきたいと思います。一年間よろしくお願いします。

▲ 上へ戻る

経理部長半田支部吉岡生馬

 今年度、経理部長を務めさせて頂くことになりました、半田支部の吉岡生馬です。経理部では名青税の資金を管理するということですが、資金管理という仕事は大学時代の部活で会計を務めて以来となります。あの時は、部の預金残高が部員の立替金残高を下回っている、つまり債務超過の状態からのスタートでした。部費の値上げは部員の減少にも繋がるという様相でもあったので、様々な出費を見直し、かつ部費も抑え、最終的に資産超過となるよう苦心したものです。
 規模も内容も異なりますが、資金を預かる役ですから、まさしく1円単位で適切に管理し、裏方として名青税を支えていきたいと思っています。一年間よろしくお願い致します。

▲ 上へ戻る

研究部長半田支部水野雅之

 今年度、研究部長を務めさせて頂くことになりました、半田支部の水野雅之です。
 名青税に入会して4年目になりますが、最初の1年は幽霊部員だったので、実際に活動するのは3年目です。それでいきなり研究部長ということで、私に務まるのか不安と戸惑いばかりですが、引き受けた限りは完全燃焼するつもりで頑張りたいと思います。
 今年の研究部は全青税シンポの発表を担当します。統一テーマは『消費税再考~今後の消費税を考える~』、名青税のテーマは『非課税取引』で決定しました。名青税らしい研究を皆さんと共に進めて、名青税の良さを知ってもらえる活動が出来たらと思っております。
 一年間どうぞ宜しくお願いします。

▲ 上へ戻る

制度部長千種支部山田真也

 制度部長を務めさせていただきます千種支部の山田真也です。
 研究部から始まり総務部、総務部として活動させていただき、今年は初めての制度部です。
 税理士法や税理士制度という言葉についつい身構えてしまうところもありますが、私たち税理士にとってもっとも身近な「税理士法」を深く考える最高のチャンスだと感じています。
 部員の皆様のお力添えをいただきながら、制度部の活動が活発なものとなるよう、一年間精一杯頑張っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

▲ 上へ戻る

組織・広報部長千種支部兵藤弘隆

 この度、組織・広報部長を拝命しました千種支部の兵藤弘隆と申します。
 組織・広報の経験なしでいきなり部長ではありますが、山本副会長に教えて頂きながらブログや広報誌を通して名青税の魅力を伝えていけたらと思います。
 ブログ・広報誌等ではみなさまにお願いする事が多々あると思いますが、どうぞよろしくお願いします。

▲ 上へ戻る

厚生部長熱田支部渡邊和紀

 今年度、厚生部長を務めます渡邊です。昨年度それまで経験のなかった厚生部員としての働き(?)が認められたのでしょうか?会長から選択肢がない!?お電話を頂きまして、部長就任の運びとなりました。
 厚生部は、名青税の各部活動の中でも対内的な活動を行う部です。しかし、会員のみならず、会員のご家族にも参加して頂ける活動も行う唯一の部でもあります。厚生部長として、少しでも多くの会員及び会員のご家族に喜んで頂けるイベントを、部員を中心に企画・実行していける様に頑張りたいと思います。
 厚生部に入部を決めている会員の皆様、一年間一緒に頑張りましょう!入部してみたいと考えている会員の皆様、お待ちしています!

▲ 上へ戻る

総務副部長中村支部中野克俊

 今年度、総務副部長を務めさせて頂くことになりました、中村支部の中野克俊です。
 名青税の役員は初めての経験となります。名青税に入会し4年目となりますが、これまであまり積極的に名青税の活動に参加しておりませんでした。こんな私に太田会長が声をかけてくださいました。太田会長には支部でも大変お世話になっており、どこまでもついていく所存であります。
 妹尾副会長、俵部長のもと各事業が円滑に運営、遂行できるよう精一杯努めてまいりたいと思います。一年間どうぞよろしくお願いします。

▲ 上へ戻る

研究副部長東支部木下晃良

 今年度、研究副部長を務めさせていただくことになりました東支部の木下晃良です。
 名青税に入会して3年目になります。入会初年度は研究部で活動し、多くの尊敬できる先輩方と知り合うことができ、いい刺激をたくさんいただきました。当時お世話になった宮島副会長、水野部長を小島副部長とともに支えていきたいと思います。
 研究部での活動を通じて名青税に入会してよかったと思っていただけるように、参加しやすい部会づくりをしていきたいと思います。一年間、どうぞよろしくお願いします。

▲ 上へ戻る

研究副部長中支部小島啓嗣

 今年度、研究副部長を務めさせていただきます中支部の小島啓嗣です。
 名青税に入会して3年目になります。昨年に引き続いての研究部なのですが、部員であった昨年とは異なり、副部長という大役を初めて担うことになってしまいました。さらに、今年は研究部が全青税シンポの発表を担当するのですが、全青税シンポで発表を行うのも初めてのことになります。
 そんな経験不足な私ですので、皆さまのお力をお借りしなければならないことも多いかと思いますが、頑張って研究部を盛り立てていきたいと思っております。一年間よろしくお願いいたします。

▲ 上へ戻る

制度副部長東支部金田光加

 今年度、制度部の副部長を担当させて頂くことになりました東支部の金田光加です。
初めての制度部なのにも関わらず副部長という大役を仰せつかり、不安ばかりが募りますが、どんな時でも自分らしく楽しんで活動していきたいと思います。
 また山田部長のもと、部員の皆様が部会活動に関わる時間を有意義に過ごして頂けますよう、宮松副部長とともに精一杯努めて参りたいと思います。
一年間どうぞよろしくお願いいたします。

▲ 上へ戻る

制度副部長千種支部宮松邦晴

 今年度、制度副部長を務めさせていただきます千種支部の宮松です。
 名青税は4年目になります。昨年も制度部に所属させていただき、出席率はあまりいいほうではなかったですが、部長、副部長、部員の皆さんが支えてくださりなんとか一年間参加させていただけたかなという程度の実績しかありません。今年は副部長ということで経験の少ない私には何とも荷が重いですが、山田部長を支えて、制度部の活動を盛り上げていければと思います。
 実力不足は自覚しており、ご迷惑をおかけすることもあるかとは思いますが、精一杯努めたいと思っています。一年間宜しくお願い致します。

▲ 上へ戻る

組織・広報副部長中支部豊泉 敏

 組織・広報副部長を務めさせていただきます中支部の豊泉です。
 組織・広報部はその名の通り、広報活動を通じて名青税の魅力を発信し、会員を増やすことで組織を強くすることが使命だと理解しております。会員数が減少している現状を打破する一助となるように、名青税の活動や参加している仲間の魅力を発信し、また、職業セミナーを通じて税理士という職業の魅力も伝えていきたいと思います。一年間どうぞよろしくお願いいたします。

▲ 上へ戻る

組織・広報副部長北支部水野正寛

 今年度、組織・広報副部長をつとめさせていただきます、北支部の水野正寛です。
名青税に入会して、いろいろな経験をさせていただきました。他の支部の方々ともたくさん交流ができました。とてもいい経験になっております。
 組織・広報副部長という大役に戸惑いはありますが、今年1年どのような広報活動をすれば、楽しさが伝わるかを常に考え、名青税の魅力を多くの方々にお伝えできるように頑張っていきたいと思います。一年間よろしくお願いいたします。

▲ 上へ戻る

厚生副部長中村支部木野宏紀

 今年度、厚生部の副部長を務めさせて頂くことになりました、中村支部の木野宏紀と申します。
 入会一年目のため、今年は一般部員としてゆっくり少しずつ名青税のことを知っていこうと考えておりましたが…そんな考えは儚く消えてしまいました。
 正直なところ、私に副部長という大役が務まるか不安な気持ちもございますが、せっかく太田会長直々にお声を掛けていただいたので、その期待を裏切るわけにはいきません。
 野島副会長・渡邊部長のもと、多くの会員の方々に参加をしていただける充実した厚生行事を企画・運営できるよう努めてまいります。
 一年間どうぞよろしくお願いいたします。

▲ 上へ戻る

厚生副部長東支部各務 豊

 今年度、厚生部の副部長を務めさせていただくことになりました東支部の各務 豊です。
 昨年度から名青税に入会し厚生部に所属しましたが、後半から厚生部の行事に参加することができず、部会にもあまり出席できないまま一年が終わってしまいました。
 今年は副部長ということで名青税での活動経験も浅くわからないことばかりで不安はありますが、皆様に楽しんでいただける行事を企画できるよう精一杯頑張りたいと思います。一年間よろしくお願いいたします。

▲ 上へ戻る

45歳定年制検討委員長
昭和支部
仙田浩人

 こんにちは。仙田と申します。まずは、初心に戻りしっかりと職務を務めさせていただきたいと思います。
また今年度は、45歳定年制検討委員会長も務めさせていただきます。
 名青税の正会員数は29/4/1時点において127名となっています。平成20年度までは大体200名程度を維持していたのですが、この10年で大きく減少傾向が如実に表れています。しかしながら、名青税の正会員の対象となる名古屋税理士会での40歳以下の税理士会員のうち、名青税会員の占める割合を見てみると、平成22年度では29%でしたが、平成29年度では38%と若手税理士の中での組織率は向上しています。やはり税理士試験合格者の高年齢化は、我々の組織においてのその陰を落としているのではと感じます。この名青税活動の意義を多くの税理士に体感してもらいたい。その気持ちで、今一度、定年について皆さんのご意見を伺いたいと思います。一年間をかけて、議論をあげていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

▲ 上へ戻る

委員長・副委員長・監事あいさつ

判例等研究委員長中村支部森田清則

 今年度、判例等研究委員会の委員長を務めさせていただきます。
 税法の解釈や適用が争いとなった事案について、納税者側、課税庁側に分かれてディベートを行うのがメインの活動です。
 去年は、取引の法的性質を代金相殺を伴う格別の売買とみるべきか補足金付交換とみるべきかが争いとなった東京高裁平成11年6月21日判決を題材としました。
 興味を持たれた方はぜひご参加ください。

▲ 上へ戻る

全青税全国大会実行委員長北支部濱田和希

昨年度から引き続き全青税全国大会実行委員長を務めさせていただきます。
いよいよ今年は昨年度から準備してきた全国大会が8月5日に名古屋金山で開催されます。太田新会長の下、皆さんに少しでも楽しんでいただけるよう精一杯盛り上げたいと思いますので、是非とも多くの皆さんのご参加をお待ちしております!

▲ 上へ戻る

監事半田支部田畑智美

 今年度、監事を拝命いたしました半田支部の田畑智美です。
名青税最後の年に、大役に選任して頂きましたことに心から感謝するとともに、責任の重大さを感じております。
 思い返せば、税理士登録と開業が同じ時期だった為、不安なことが多く、その時に先輩や仲間の税理士から教わったことや、支えて頂いたことが有難く、名青税のおかげで今の自分がいると思っております。
 今まで受けたご恩を皆様に少しでもお返し出来る一年にしたいです。一年間、どうぞよろしくお願いいたします。

▲ 上へ戻る

監事東支部磯崎正典

 29年度、名青税の監事を拝命いたしました東支部の磯崎正典です。
 名青税に入会して8年が経過し、正会員として最後の年に、このような大役を頂き、皆様に心から感謝するとともに、責任の大きさを感じております。
 監事という役職は初めての経験ですが、会計監査は勿論のこと、総会で承認を得た事業計画の執行状況の確認・規約に基づいた運営等々、しっかりとした業務監査も行っていきたいと思います。名青税がさらに発展し、メンバーひとりひとりが楽しく活動できるよう、微力ではありますが、その一助となるよう努めてまいります。今年一年間、どうぞよろしくお願い致します。

▲ 上へ戻る

支部長あいさつ

中支部長新町未紀

 中支部長をさせていただきます新町です。伝統ある中支部の支部長を女性である私がさせていただくことに重責を感じていますが、やらせていただくからには仲間みんなと協力して楽しく盛り上げていきたいです。そして、中支部の会員のみんなが入会してよかった、楽しかったと思えるような支部運営を目指します。一年間どうぞよろしくお願い致します。

▲ 上へ戻る

東支部長牧野孝則

 今年度、東支部の支部長を務めさせて頂くことになりました牧野孝則です。
 名青税に入会して4年目に入りました。まさか自分に支部長という大役が回ってくるとは、入会当時全く想像しておりませんでしたが、年齢順のようで普通に回ってきました。
 東支部はみなさんとても温かく居心地がよいです。諸先輩方が築き上げたこの雰囲気を守りつつ、若手の会員の方が支部内だけでなく、名青税活動にも参加できるよう注力していきたいと思います
 一年間どうぞよろしくお願いいたします。

▲ 上へ戻る

千種支部長濵 久人

 昨年に引き続き今年度も千種支部の支部長を務めさせて頂くこととなりました。今年も支部から名青税を盛上げていきたいと思います。そのために、たくさん新入会員を増やし、より活気のある千種支部にしたいと思います。一生懸命頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。

▲ 上へ戻る

北支部長小林弘隆

 このたび、北支部の支部長になりました小林です。初めての役職で分からないことばかりですが、北支部と名青税の懸け橋として誠実に務めさせていただきます。よろしくお願いします。

▲ 上へ戻る

西支部長加藤常行

 この度、西支部の支部長を任せられることとなりました加藤です。
 西支部はこれまで諸先輩方が築かれてこられました伝統ある支部です。このような支部の支部長を務めさせていただくことに身の引き締まる思いです。精一杯頑張りたいと思います!私の趣味は野球とソフトボールです。名青税行事では、毎年秋に開催されます三重県青年司法書士協議会とのソフトボール大会に参加させていただいております。40歳を迎え年々体力の低下を身にしみて感じておりますが、努力と根性でまだまだ活躍したいと思っています。皆様どうぞよろしくお願いします。

▲ 上へ戻る

中村支部長伊東徳恭

 中村支部の支部長を務めさせていただくことになりました伊東徳恭です。
 今年度はわが中村支部の太田会員が名青税の会長になられたこともあり、中村支部では例年以上に活発な青税活動を行い、名青税を盛り上げていこうとの強い気持ちがあります。
私は支部長という大役を務めさせていただくには経験も浅く力不足ですが、少しでも太田会長の力になり、かつ名青税を盛り上げることができるよう一年間精一杯頑張りたいと思います。
 よろしくお願いいたします。

▲ 上へ戻る

昭和支部長加藤充弘

 はじめまして、今年度昭和支部支部長を拝命しました加藤充弘と申します。
 早いもので私が青税に登録してまもなく5年が経とうとしています。今年41歳になりますので定年延長がなければ今年が正会員最後の年となります。
 いま名青税では、正会員の減少が喫緊の課題となっておりますが、わが名青税昭和支部においても、これまで中心となって活動してこられた方々がこぞって卒業し、組織の空洞化が懸念されております。しかし同時に新たな担い手となってくれる方々がたくさん入ってまいりましたので、これから新しく仲間入りをしてくれた方たちを中心に組織の活性化を図ってまいります。どうぞよろしくお願いします。

▲ 上へ戻る

熱田支部長大須賀活志

 今年度、熱田支部の支部長を務めさせていただきます大須賀活志です。
一応規定では今年度で卒業するそんな年に支部長を拝命しました。
思い起こせば3年前に説得されて総務会計、副支部長とエスカレーター式にここまできました。
 その時に言われた熱田支部の伝統を次へと引き継ぐという口説き文句の重みを今更ながらに感じております。
 「自分なりに」という枕詞がつきますが、精一杯頑張りたいと思います。
 どうぞ宜しくお願い致します。

▲ 上へ戻る

中川支部長小出繁明

 今年度中川支部の支部長を拝命しました小出繁明です。実は私、平成25・26年度に続き3年目(史上初?)の支部長となります。ここ数年でスリム化してきた中川支部ですが、昨年度は3名の新入会員に恵まれました。今年度も1名でも多くの会員に入会いただけるよう諸先輩方のお力もお借りしながら、名青税の魅力を伝え、積極的な勧誘活動を行っていきたいと思います。何年やっても慣れない役職ではありますが、名青税の更なる発展に貢献できるよう微力ながら尽力していきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

▲ 上へ戻る

半田支部長中野浩彰

 本年度、半田支部の支部長を務めさせていただくことになりました中野浩彰と申します。
 半田支部は楽しく、温かい会員からなる素敵な支部と思っております。そんな素敵な半田支部の役にたてるよう、1年間支部長を務めさせていただきます。

▲ 上へ戻る